熊田曜子画像
住宅ローン繰上げ返済(期間短縮型)シミュレーション:はじめに
期間短縮型とは、住宅ローンの繰り上げ返済の返済方法の一つ。期間短縮型繰り上げ返済を行うと、返済期間が短縮される。住宅ローンの繰り上げ返済の方法には、期間短縮型と返済額軽減型の二つがある。期間短縮型は文字通り、毎月の返済額はそのままで、住宅ローンの返済期間を短くする返済方法。繰り上げ返済で返済した金額は、基本的に全額が元金部分に充当される。このため住宅ローンを借り入れてからできるだけ早い時期に期間短縮型繰り上げ返済を行うと、繰り上げ返済分の金利をカットでき、住宅ローンの総返済額を大きく軽減できる。

住宅ローン繰上げ返済(期間短縮型)のメリット

毎月の支払額は変わらないが、支払い期間を短縮できるのがメリット。繰り上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型の二つがありますが、効果が大きいのは期間短縮型。期間が短くなれば、利払いも少なくなるのでより大きな効果が期待できます。

住宅ローン繰上げ返済(期間短縮型)シミュレーション

*入力事項

住宅ローン借り入れ額*
利率(年)*
*
ボーナス(年2回と仮定)*
繰り上げ返済額*

繰り上げ返済前

返済期間は ヶ月
総返済額は 円になります。
利子による支払い増額は 円になります。

繰り上げ返済後

返済期間は ヶ月
総返済額は 円になります。
利子による支払い増額は 円になります。

繰り上げ返済によって総支払い額が円削減されます。

繰り上げ返済によって返済期間がヶ月削減されます。