住宅ローン繰上返済(返済額軽減型)
住宅ローン繰上げ返済(返済額軽減型)シミュレーション:はじめに
返済額軽減型とは、住宅ローン繰り上げ返済の返済方法の一つ。毎月の返済額を減らせる効果がある。

住宅ローンの繰り上げ返済の方法には、期間短縮型と返済額軽減型の二つがある。返済額軽減型は、返済期間はそのままで、月々の返済額を減らす方法のこと。一般的には期間返済型の方が利息軽減効果が大きいが、住宅ローンの返済が厳しく感じる場合には、この返済額軽減型を選ぶのも手だ。ただし繰り上げ返済の手数料は、返済額軽減型の方が高い場合が多い。

住宅ローン繰上げ返済(返済額軽減型)のメリット

毎月の固定的な支出を軽減することができるので、繰上げ返済をしてすぐに、その効果を実感することができます(家計が苦しいようなときは特に)。「期間短縮型」では、残りの返済期間が少なくなったことに対して、住宅ローンの償還表を見たとき、もしくは将来、その効果を実感することできます。しかし「返済額軽減型」のように、すぐにはその効果を実感できません。

住宅ローン繰上げ返済シミュレーション(*入力事項

物件の購入額* 円のうち
住宅ローンの利率(年)* %(固定)で
返済期間を* 年とします。
繰り上げ返済額*

繰り上げ返済前

1回の支払額は 円になります。

繰り上げ返済後

1回の支払額は 円になります。

繰り上げ返済によって月々の額が円削減されます。

繰り上げ返済によって総支払額が円削減されます。